千駄木駅にほど近い須藤公園は、池と滝が織りなす風情が印象的な公園です。江戸時代、文京区界隈は江戸の郊外として市街地化されており、大名屋敷や武家屋敷が置かれていました。現在の須藤公園は、加賀金沢藩の支藩であった大聖寺藩の屋敷跡にあたります。