「紙舗 直」は、日本を中心にアジアの手すきの紙を扱う専門店。2フロアの店内には和紙、洋紙、アンティークなど数万枚の紙が揃います。ここで扱うのはいずれも、店主にして紙作家の坂本直昭さんが日本や世界の生産地の作り手を訪ねて仕入れているもの。生産の現場を訪れ、紙の生まれる環境を目にすることは紙を選ぶ上で大切なプロセスだと言います。