「こんにゃく閻魔」こと、常光山 源覚寺は、開山しておよそ400年という歴史ある仏寺。本尊は阿弥陀三尊で、江戸時代には徳川秀忠や家光らときの将軍から厚く信仰されていました。