都民には「水戸黄門ゆかりの名園」としておなじみの小石川後楽園。
江戸時代初期、水戸徳川家を興した徳川頼房が中屋敷として着工したもので、二代目藩主光圀の時代に完成しました。
庭園は中央の池をぐるりと回る「回遊式築山泉水庭園」となっており、国の特別史跡・特別名勝に指定されている園内には貴重な文化や自然があちこちに。
春はウメ、ツバキにサクラ、カキツバタ、夏はハスにアジサイ、ハナショウブ。
秋にはヒガンバナが咲きみだれ、モミジやハゼノキが見事な紅葉を見せてくれます。