小石川植物園こと東京大学大学院理学系研究科附属植物園は、植物学の研究・教育を目的とする東京大学の教育実習施設。
1684年、徳川幕府が開いた小石川御薬園を前身とする日本で最も古い植物園であり、世界でも有数の歴史を誇ります。
敷地面積は16万1,588平方メートルもあり、低地、傾斜地、泉水地などさまざまな地形を利用しておよそ4000種の植物が植えられています。