明治17年(1884年)に創業したそば専門店。
食通で知られる小説家の池波正太郎が足繁く通った店としても知られており、『散歩のとき何か食べたくなって』、『むかしの味』(いずれも新潮社)などの食味エッセイでも紹介されています。
神田まつやのおいしさの秘密は、厳選の素材にあり。
茨城県境町産の「常陸秋そば」を中心に、北海道の雨竜や長野県妙高市の霧下そばなど各地から選りすぐったそばを石臼で挽いた、「挽きぐるみ」のそば粉を使用。
そばならではの香りや風味が際立ち、豊かな食感も味わえます。
また、代々受け継がれるそばつゆは、出汁をしっかり効かせた辛めが身上。
コシの強い、喉越しのいいそばとの絶妙なマッチングが楽しめます。