建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計したアールデコ様式の建物は、川端康成、三島由紀夫、池波正太郎、山口瞳など錚々たる文豪たちが愛用した“おこもりホテル“。
もともとは西洋の生活様式やマナーを日本の女性に啓蒙する施設として利用されていましたが、太平洋戦争後のGHQ接収解除を受け、1954年にホテルとして再スタートを切りました。