神田にあった金峰山高林寺から湧き出た水は、かつて徳川家御用達のお茶用の名水だったとか。そうした謂れからこの界隈はお茶の水と呼ばれるようになったと言われていますが、それをしのばせるのがグリーンティーレストラン 1899 お茶の水です。香り良く、また身体にもいいお茶を「食す」ことをテーマに掲げるこちらでは、さまざまなお茶を組み合わせたオリジナルメニューを楽しむことができます。